風の彩り

チェルトナムからロンドンーパディントンへ イギリス-19 

翌朝の朝食は、昨夜のピザの残りで済ませて、余裕をもって出発した(はずだった)。
アパートはバスターミナルに比較的近いので、予定ではターミナルまで歩いて
途中でバス停があったらバスに乗り、ターミナルからタクシーで駅に行くというものだった。

ところが、バス停は見当たらず、一度だけ乗りたかったバスが通過していくのを見たのだった。
仕方なく、ターミナルまで先を急いだ。
f0017530_18544978.jpg



途中、チェルトナムの町で見かけた彫刻、かなりインパクトがあったので歩きながら撮った。
f0017530_1855663.jpg

そしてようやく、ターミナルに着いてみると、昼間はたくさんのタクシーが停まって客待ちをしていたのに、
朝は一台も停まっていなかったのだ。
私たちはまた、タクシーを探したが、見当たらないので、駅へ向って歩きながら流れているタクシーを拾うことにした。
が、歩けど歩けどタクシーは来ない。
2度ほど見かけたが、間に合わずに走り去ってしまった。
結局駅までまた、小1時間歩くことになった。
しかも、今度は乗るはずの列車の発車時刻がある。
もう予約してお金も支払ってあるので遅れるわけにはいかないのだ。
3人で一生懸命歩いて、最後に聞いた人がもう少しですと言ってくれた時はほっとした^^

そしてチェルトナムの駅に着いて、ホームに入るとほぼ同時に、私たちの列車が入ってきたのだ。
ああ、何とか間に合ってよかった(笑)
それにしても、今回も綱渡りだった!
f0017530_1943910.jpg

予約席にはこんなカードが置いてある。
ゆったりと座って(途中からどんどん乗ってきてほぼ満席になったが)、
ロンドンのパディントン駅に到着することができた。
f0017530_19125080.jpg

これが今回の旅で、最後の長距離移動だったのだ。

無事に到着したパディントンは、霧雨が降っていた。
しとしと降る雨なので、傘を差してない人もだいぶ見かけた。
そして私たちは最後のホテル(ここに2連泊するので)へ、荷物を置くために向かったのだ。
f0017530_19122341.jpg

*荷物を置いた私たちは、この日の2つの予定(ナショナルギャラリーで絵を見ること、
夜ミュージカルを見ること)があったので、地下鉄に乗りました。
続きはまた明日に^^

今日も来て下さってありがとう~
       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2012-11-02 19:20 |