風の彩り

カテゴリ:遺跡・仏閣・建物( 94 )

 緑風の道 -日光 滝尾古道-

一歩一歩踏みしめる足元に 

角の取れた石が並ぶ 

人は思い出と希望を 

心に温めながら歩むのだろう 

緑の風は身体を充たし  

電池のようにエネルギーを蓄える 

また道の先へと進むために 

f0017530_20501743.jpg




f0017530_2051097.jpg




f0017530_20511989.jpg




f0017530_20531963.jpg






こんばんは^^
今日は肌寒くて、じっとりした粉糠雨の降り続いた1日でした。
私は外にも出ないで、少し読書などをしながら過ごしましたよ^^
そろそろ、我が地方も梅雨に入ったのでしょうか?
こういう天候は、気持ちも沈みがち^^;
楽しく過ごせるように工夫していかないとね~^^


                                                                                          
今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-06-14 21:09 | 遺跡・仏閣・建物

日光 滝尾古道 苔むした石仏の道

古(いにしえ)の声が聞こえる 

衣擦れの音が聞こえる 

先を急ぐ足音が聞こえる 


見守ってきた石仏と石畳を 

びっしりと被う苔の深緑 

f0017530_20594949.jpg




f0017530_2105010.jpg




f0017530_211968.jpg




f0017530_2113375.jpg




f0017530_2115629.jpg




f0017530_213634.jpg

6月6日撮影:

こんばんは^^

今日は、各地ともちょっと崩れ気味の天候だったのでしょうか?
私は県内で三名山と数えられる一つ、赤城山に登ってきました。
(といっても上まで車で行けるのですが)
霧を期待して行ったのですが、薄日が差して気持ちよい天気。
写真もたくさん撮って来たのですが、かなりがボツになりそうです(笑)



                                                                                          

今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-06-13 21:25 | 遺跡・仏閣・建物

日光 滝尾古道 #1

日光東照宮の近くにある古道・・・

苔むした石畳に独特の趣があると聞いて、一度行ってみたいと思っていました^^
それで、霧降高原の後はここに来たのです。

車を停めて、スタートはこの神社(香車堂)です。

f0017530_20214316.jpg



安産の神社ということで、祈願が叶うとこの香車の駒をお供えするということでした。
f0017530_2022663.jpg



そのすぐ脇にあった仏岩です。
f0017530_20224750.jpg



石仏好きの私は、こういう場所が大のお気に入り♪
f0017530_2023536.jpg



全部はご紹介できませんが、6体の石仏はそれぞれ特徴のある姿をされていました。
f0017530_20233355.jpg




f0017530_20251260.jpg



こんな大きな巌の下に鎮座しています。
f0017530_20252932.jpg


深い樹陰の古道です。
カメラでパシャパシャと撮りながら、やはりメインはこの道を歩くこと・・
道を歩きながら、過ぎてきた日々を振り返ったり、
道端の木漏れ日で出来た葉っぱの影に気をとられたり・・・
次第に思いは道と一体化して、静かな境地に入っていったような気がします^^

明日も、この道をご紹介します^^
また来て下さいね。



今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-06-12 20:46 | 遺跡・仏閣・建物

春浅い睡鳩荘(すいきゅうそう)

肌寒い中、まだ暖炉に火を入れていた洋館 睡鳩荘(すいきゅうそう)
以前(2009年10月)にもアップしましたが、フランス文学者朝吹登水子さんの山荘です。
ちょうどビアトリクス・ポター展をやっていました。
私の憧れの地、イギリスの湖水地方を思わせる軽井沢タリアセン。
その中に建つこの山荘の中を巡り、丁寧な説明もして頂きました。
お洒落なテラスに出ると、塩沢湖が見晴らせてとても気持ち良いのですよ^^

f0017530_18363068.jpg
 



f0017530_18365124.jpg




f0017530_18371316.jpg




f0017530_18373795.jpg




f0017530_18375592.jpg

前回とはちょっと撮り方を変えてみましたが、いかがでしょうか?

こんばんは^^
今日は昨日と一転、また肌寒い雨の1日となりました。
薔薇の苗を鉢に移した他は家の中で過ごした私です。
昨日は半袖、今日はコタツ・・
本当に今年の天候は変ですよね~
もう6月も近いというのに・・・もしかしたら梅雨寒?



今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-05-23 18:45 | 遺跡・仏閣・建物

万平ホテルとジョン・レノン

銃弾に倒れた人の 

愛と平和のメッセージは 

暖かい日差しの中に漂い 

心にそっと触れてくる 

「手を繋がなくては」と…

f0017530_2123854.jpg




f0017530_21124475.jpg




f0017530_2133482.jpg

ジョン一家が宿泊していた万平ホテル・・・
私たちは彼の好んだカフェテラスで、ロイヤルミルクティーならぬコーヒーとケーキのセットを頂いて幸せ♪♪
ジョンもこの風景を眺めていたのかなぁ(*^_^*)

こんなささやかな幸せが続くことを祈り、
そして、広くジョンの夢見た世界のことを思いました・・・




                                             
今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-05-17 21:27 | 遺跡・仏閣・建物

室内の光と影 ショーハウス記念礼拝堂 #2



時を旅する人の気配 

かつて響いた笑い声 

漂う足音 

幸せな時間はそこに蘇る 

f0017530_21163351.jpg




f0017530_21165791.jpg




f0017530_21171752.jpg




f0017530_21173597.jpg




f0017530_21175379.jpg

洋館の中は、不思議な空間です。
お寺や神社、城などの、日本の歴史的建造物とは明らかに違う気配が感じられます。
ショーハウス記念礼拝堂の光と影はとても魅力的でした^^


                                                                                          

今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-05-16 21:25 | 遺跡・仏閣・建物

軽井沢 ショーハウス記念礼拝堂

旧軽銀座の賑わいを過ぎて、しばらく北に向かって歩く。
両側の木立が、若葉を光らせる。
避暑地軽井沢らしい佇まいの中、ショーハウス記念礼拝堂は姿を現した。

f0017530_21482768.jpg




f0017530_21484239.jpg




f0017530_2149581.jpg




f0017530_21492313.jpg




f0017530_21493973.jpg

5月12日撮影:

明治19年に軽井沢を訪れたアレキサンダー・クロフト・ショー師は、この地を絶賛して自ら別荘を立てたとのこと。
これが軽井沢の別荘の第1号だそうです。

私たちはここに建つ礼拝堂の長椅子に座り、やや暗い室内に射すやわらかい光に包まれて、
とても静かな気持ちになりました。

こんばんは^^
先日、友達と訪れた軽井沢・・
今日からしばらく、新緑の軽井沢をご覧頂きますね^^


今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-05-15 22:05 | 遺跡・仏閣・建物

鼻面(はなづら)稲荷神社 #2

鳥居を過ぎて、奥の3棟の建物に進みました。

特徴的なお稲荷様・・・こちらはお母さんと子供でしょう。
f0017530_20541798.jpg



こちらはお父さんですね^^ 頭の角?に違いがあります。
f0017530_20543796.jpg



社殿を奥まで進んできたところです。
f0017530_20553838.jpg



振り返って見たところ・・・左手にお社がありますね。
f0017530_2056563.jpg



大明神です。
f0017530_20573450.jpg



窓の外を見ると、眼下、街並みや湯川の流れが見えています。崖の上に建っているのがお分かりでしょうか?
f0017530_205726.jpg



裏手に廻ってみると、岩の下が洞窟になっていて、その中にもお稲荷様が祀られていました。
由緒がありそうなので「こちらが本尊かも・・。」と相棒が言ってました。
f0017530_20575477.jpg



ソメイヨシノが風に散って、湯川に舞い落ちていました。
f0017530_2058176.jpg



川を渡る鯉のぼりも、風に勢いよくはためいていましたよ^^
f0017530_2058375.jpg


こんばんは^^
鼻面稲荷神社、いかがでしたか?
機会があったら行ってみて下さいね。


今日は空気が澄んで清々しくて、今年で一番美しい日のような気がしました。
車を運転する道中、若葉が空に映えて、ため息が出そうなほどでしたよ^^


今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-05-13 21:19 | 遺跡・仏閣・建物

鼻面(はなづら)稲荷神社

鼻面(はなづら)稲荷神社は、佐久市の中でも大分群馬寄りの所(岩村田)にあります。
帰り道に立ち寄ってみました。
赤い鳥居がずらっと並ぶのを見て、まるで京都の伏見稲荷のようだねと思っていたら、

「永禄年間に京都伏見稲荷から勧請して創建されたと伝えられており、
以来、東信地域の稲荷信仰の中心となっています。
 また、伏見(京都)・豊川(愛知)・笠間 (茨城)・祐徳(ゆうとく)(佐賀)と並び、
日本五大稲荷の一つとして数えられ」るそうです。(佐久市ホームページより引用)

断崖に建てられた社殿がまず、目を引きます。
右側の大きな赤い屋根の社殿から、石段を上って左側の3棟の社殿に進みます。
f0017530_19341830.jpg



由緒のありそうな狛犬?ですね。
f0017530_1935787.jpg



石段を上っていくと鳥居が見えてきます。
f0017530_19362322.jpg



鳥居をくぐってから振り返って見たところです。
f0017530_19352384.jpg



これはもう一つのルートから上った所です。社殿が見えてきましたね^^
f0017530_19384259.jpg


鼻面神社はどうして興味を惹かれるのでしょう。
断崖に創建された建物、刺激的な赤の色の連続、独特なお稲荷様の姿(後ほどお見せします)などに
好奇心が刺激されるのかもしれませんね^^

今日はここまで・・
次回は、お稲荷様の祀られている社殿をご覧頂きますね^^


今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-05-11 19:52 | 遺跡・仏閣・建物

佐久の寺巡り 龍雲寺#2

龍雲寺の続きです。

相棒は一人でさっさと行ってしまうので、(と言うか、私が遅すぎるのですが、笑)
自由気ままに撮り続けました。

f0017530_22262759.jpg



渡り廊下をくぐって向こうに行こうとすると・・
f0017530_2225410.jpg



石畳に散っている花に気を取られて・・
f0017530_22253330.jpg



何枚も撮ってしまいましたよ^^
f0017530_22274193.jpg



渡り廊下の向こう、一番奥になった建物です。
ここでも花びらが、静かに静かに舞い落ちているのですが、
風もなくて、散っている様子が上手く表せませんでした^^;
f0017530_2227586.jpg


佐久の龍雲寺は趣があって良いお寺でしたよ^^
明日は、お寺ではなくて、やはり個性的な神社「鼻頭(はなづら)神社」をご覧頂きますね。
また来て下さいね^^



今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ 
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-05-09 22:39 | 遺跡・仏閣・建物