風の彩り

カテゴリ:遺跡・仏閣・建物( 94 )

桐生散策 #5 無鄰館など 

私たちは次なる目的地「無鄰館(むりんかん)」を探して歩き回りました。
路地の向こうに見えた、手こぎ式の井戸・・珍しくて近くまで行ってみました。まだ役立っているようでした^^
f0017530_0201745.jpg



なかなか見つからずに、この印象的な工場の向こうまで行って、道行く人に聞いてみました。
f0017530_021683.jpg



で、大通りに出ると、また、今度はピンクの「MAYU」が来ました。だれでも無料とのこと・・
f0017530_0204032.jpg



そしてようやく見つかりました^^
f0017530_0222082.jpg


サイトから引用した説明をお読みくださいね^^
「建物について無鄰館と呼称する建物群は鋸屋根工場、事務所、蔵からなる。それぞれの建築年代は
大正5年から大正10年にかけてものである。大正5年と考えられる建物については詳細な平面図・立面図と
工場断面図が残されている。女工宿舎の煉瓦壁は、鉄骨による補強が施され、モニュメントして保存されているものである」

f0017530_0223534.jpg


つまりいくつかの建物群からなる呼称のようです。
先ほどの印象的な工場が上記説明の「鋸屋根工場」のことかもしれませんね^^
中でも一番印象的な、この歴史的な建物を中心に撮りました。

f0017530_0225389.jpg


中を少し見せてもらった帰り道に出会ったベンチです^^
先日、先にお見せしましたが、何ということなく寂しそうな雰囲気を感じました。

f0017530_0231152.jpg



アングルを変えて、何枚も撮りましたよ^^
f0017530_0232796.jpg




f0017530_0234577.jpg


最後にもう一度「無鄰館」を撮りました。
駐車場まで戻って桐生を後にしました。

これからいよいよ、次なる目的地太田市のイルミネーションを撮るためです^^

次回から何度か、イルミネーション関連になりますよ(*^_^*)

今日も来て下さってありがとう~


       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2015-01-11 00:35 | 遺跡・仏閣・建物

桐生散策 #4 パン屋さん、電動バス「MAYU(まゆ)」など 

のんびりとぶらぶら、街中の散策は続きます。

煉瓦造りの美味しそうなパン屋さんに寄ってみました。
f0017530_19361225.jpg

いくつか選んで買いました。パンの耳から作ったカリン糖はサービスで袋に詰めてもらうことが出来ます(^^♪
パンは売り物なので撮るのは遠慮しました^^

f0017530_19363868.jpg



また歩き始めた時にみつけたこんな可愛いワンちゃん^^
f0017530_19365889.jpg



八幡宮の前に戻ると、可愛いバス?これが電動バス「MAYU」だったのです^^
f0017530_19371544.jpg


染物屋さんの店先で。カラフルな糸が印象的・・
f0017530_19373220.jpg




f0017530_19374836.jpg




興味深い建物は数え切れないほどありました^^
f0017530_193814100.jpg




f0017530_19384843.jpg




f0017530_1939470.jpg


気ままな散策はまだまだ続きます。
明日は 『無鄰館』の周辺をお届けしますね(#^.^#)

今日も来て下さってありがとう~


       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2015-01-08 19:52 | 遺跡・仏閣・建物

桐生散策 #3 天満宮、工学部など 

お昼を食べて、また歩き始めました。
興味深い建物がたくさんあります。

f0017530_23541129.jpg



そういえば冬至の前でした^^
f0017530_23542784.jpg



天満宮に着きました。
f0017530_23544679.jpg




f0017530_2355321.jpg



見事な彫刻でした。
f0017530_23552235.jpg



興味がある方は説明をお読みください。
f0017530_23553610.jpg



その先の建物は、群馬大学の工学部。魅力的な作りでした。
f0017530_2356860.jpg



構内にある庭の、池の映り込みに惹かれました^^
f0017530_23555166.jpg


この後ももう少し歩きます。
美味しいパン屋さんなどにも寄りました^^
続きはまた明日に・・


今日も来て下さってありがとう~


       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2015-01-06 00:06 | 遺跡・仏閣・建物

桐生散策 #2 有鄰館酒蔵とひもかわうどん 

次に私たちは史跡「有鄰館酒蔵」に行ってみました。
車を停めると周囲は古い建物群と大きな樹がありました。
f0017530_2017386.jpg




f0017530_20172038.jpg

桐生市のサイトから引用
”かつては酒・味噌・醤油を醸造し、保管するために使用されていた江戸時代から昭和時代にかけての11棟の蔵群が、
(中略)周辺に残る歴史的建造物や近代化遺産などと一体となったまちなみ保存の拠点にもなっています。
 ※「有鄰」とは、孔子の「徳孤ならず必ず鄰あり」という故事 から引用した言葉です。”

f0017530_20174397.jpg



これは醤油蔵だったと思います。
f0017530_20153533.jpg

このような雰囲気のある建物が並んでおり、現在は撮影や演劇などにも利用されているとのことでした。


それから私たちは車を置いて街並みを歩き始めました。
f0017530_20451681.jpg



歴史を感じさせる古い建物が数多く見られました。
f0017530_20453211.jpg




f0017530_20455040.jpg




f0017530_2046589.jpg


歩きながらランチの出来そうな店を探していると、「お勧めはひもかわうどんですよ」という明治館の方の紹介の通りの
ひもかわうどんの店を見つけました。
1時をまわっていたので、一番の混雑は過ぎてスムーズに入ることが出来ました^^
f0017530_20531677.jpg

(後で聞いたことですが、この店は人気のお店で、お昼時は行列もできるとのことです。)

そして注文した「カレーひもかわうどん」です^^
f0017530_20181352.jpg

このような太くて長い麺が4本くらいお皿に盛ってあります。

私は食べる前に左手でカレーに浸けたこの太い麺を持ち、右手に持ったカメラで撮ろうとしました。
ところが麺が太くて重いので、ずるずるずる~っと箸から離れて私の膝の上に落ちてしまったのです><
衣服は汚れるし、大事な数少ない麺のうちの1本を失ってしまって悲しくなりました^^;

でも味は上々で、大当たりのランチでしたよ^^

明日もこの続きです。

今日も来て下さってありがとう~


       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2015-01-04 21:07 | 遺跡・仏閣・建物

桐生散策#1 明治館 

暮れも迫る日曜日、桐生の歴史的な街並みを散策してきました^^

スタートは明治館です。
洋館の持つ独特の雰囲気と気配は、いつも心惹かれます。

f0017530_23225915.jpg




f0017530_23231517.jpg




f0017530_23233050.jpg




f0017530_23252459.jpg




f0017530_23234573.jpg




f0017530_2324141.jpg


桐生市のサイトより引用

”「白い洋館」の桐生明治館(旧群馬県衛生所)は、明治11年に建てられた擬洋風の建物です。
百十数年たった今もなお、異国情緒を伝える重要文化財としてご覧いただいております。
館内では、今日に至るまでの明治館のあゆみをはじめ、明治の初期洋風建築のさまざまな特徴が見られ、
古き時代の面影と共に新鮮な感動に巡り会うことができます。”

ここで、館内を案内してもらい、帰りにお勧めのランチの出来るお店をいくつか教えて頂きました^^

そこで運よく巡り合ったのが、桐生ひもかわうどんの店です^^
その話はまた明日に^^

今日も来て下さってありがとう~


       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2015-01-02 23:36 | 遺跡・仏閣・建物

光階段を昇る人々 

f0017530_20424957.jpg




f0017530_20431235.jpg




f0017530_20432833.jpg

一歩の先に光を求めて 

人々は昇り続けてきた 

すり減って古びた石段に 

暖かい晩秋の日が射している 




11月30日撮影:少林山達磨寺にて 

                                                                                                                                        
今日も来て下さってありがとう~


       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2014-12-29 20:58 | 遺跡・仏閣・建物

佐久 茂田井間の宿(もたいあいのしゅく) 

石仏群を見た後で、私たちは茂田井間の宿に向かいました。
佐久は歴史的な佇まいの残る街で、これまでも何度かここに載せましたが、
今回この宿を訪ねてみて、意外な穴場と言うか、有名な馬籠宿にも劣らないほどの史跡ではないのかなと感じました。

まずは、ご覧くださいね^^
f0017530_2324755.jpg




f0017530_23243893.jpg




f0017530_23245717.jpg



↓ クリックすると大きく見られます)
f0017530_23271750.jpg




f0017530_23273993.jpg




f0017530_23275579.jpg




f0017530_23281693.jpg




f0017530_23283579.jpg




f0017530_23305154.jpg

私たちはここをごくのんびりと歩きましたよ^^
目立ったお土産屋さんがあるわけでもなく、本当に自然なままの佇まいでした。
中山道の宿の一つとして、江戸時代の武士や旅人の往来で賑わった日々が目に浮かんできました。

次に行ったのは、宿の外れにある神社の双体道祖神群です。
次回にご覧頂きますね(*^_^*)

今日も来て下さってありがとう~

       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2014-12-07 23:48 | 遺跡・仏閣・建物

佐久 貞祥寺

古刹に漂う悠久の気配 

影の中に浮き上がる秋の光 

色づかないままの落ち葉が石畳を飾り 

苔を踏む足音が緑陰に吸い込まれる 

f0017530_19222279.jpg




f0017530_19224149.jpg




f0017530_1923852.jpg




f0017530_19234380.jpg




f0017530_19232312.jpg




f0017530_1924125.jpg




f0017530_19242568.jpg




f0017530_19244486.jpg




f0017530_19245839.jpg


10月3日:帰省していた娘と3人、1泊の家族旅行。
信州佐久方面へ、先を急がない気ままな足取りでした。

今日も来て下さってありがとう~

       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2014-10-19 19:37 | 遺跡・仏閣・建物

冠稲荷神社 

太田市にある冠稲荷神社に行きました^^
ここは木瓜の花が今見ごろだというので行ってみたのです。
まずは建物の外観から・・
f0017530_23553322.jpg




f0017530_23555694.jpg




f0017530_04047.jpg



稲荷神社らしく、キツネがあちこちに見られました。
f0017530_23561618.jpg




f0017530_23563424.jpg




f0017530_2357299.jpg




f0017530_031483.jpg

3月22日撮影:

こんばんは^^
更新が滞っています<(_ _)>
その間にソメイヨシノが早満開になろうとしています。
カメラを持っていそいそと出かけたいのですが、心はなぜか向かわなくて・・
今年は見て楽しむだけになりそうです(*^_^*)
そんな年もまたいいのかなって思ったりしています。

明日はこの時まだ咲き始めだった木瓜の花をご覧いただきますね^^


今日も来て下さってありがとう~

       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2014-04-06 00:08 | 遺跡・仏閣・建物

田島弥平旧宅 

富岡製糸場の世界遺産登録に向けて、群馬の絹産業遺産群が広く取り上げられています。
その中の一つ、田島弥平旧宅に行ってきました^^
ここは明治時代に日本の近代産業である絹産業の一環として、
蚕の種の製造と蚕の飼育の方法を考案した田島弥平の家です。

全体像遠景 
f0017530_2152250.jpg



説明(クリックすると大きい画像になります。)
f0017530_2155596.jpg



2回蚕室の上にある天窓(櫓:やぐら)、ここを開閉して換気・通風を図ったそうです。
f0017530_21342963.jpg



県内でよく見かける櫓はこのような形です。
f0017530_21221251.jpg



これは何だったか不明です。
f0017530_2112327.jpg



井戸もありました。
f0017530_21125452.jpg



周辺にはこのような農家がたくさんありました。
f0017530_2130532.jpg

田島弥平は明治12年~15年まで、蚕種をイタリアへ直輸出したそうです。
明治維新スタートのこんな時代に、創意工夫の画期的な農業を行った人が
我が群馬にいたことに感心しました^^


今日も来て下さってありがとう~

       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2014-03-27 21:35 | 遺跡・仏閣・建物