風の彩り

サイレンセスターと教会 イギリス-15 

可愛い村バイブリーからバスに乗って、その日の宿泊地チェルトナムに向かう。
途中、サイレンセスターでまたもや乗り換えで、この町に降りてみた。
f0017530_20222737.jpg

バス停の前は大きな広場となっていて、道の向こう側には大きな教会がある。
「私が荷物を見ているから、お母さん達は行ってきていいよ。」というので、
スーツケースを置いて中に入ってみた。
これも治安のよいイギリスならではのことかな。人がそばにいれば盗られるということは考えにくかったから。
f0017530_20225027.jpg

中に入るとすぐに、係の人が近付いてきた。
何かなと思って、(入ってもよいのかどうかもわからなかったので)ちょっと構えていると、
「どこの国から来ましたか」と尋ねられた。
そして「日本です」と言うと、日本語の案内をくれたのだ。
f0017530_20241899.jpg

「写真を撮ってもいいですか」と聞くと、「もちろんです」と言って、
↓の由緒ありそうなタペストリーに電気を点けてくれた。
何だかわからなかったけれど、ありがたいものなのかと思って写真に収めた^^
f0017530_20233270.jpg



中はとても広くて、窓はほとんどが美しいステンドグラスになっていた。
f0017530_20235682.jpg




f0017530_20243656.jpg




f0017530_20305178.jpg



いくつかあるうちの一つの祭壇。
f0017530_20312057.jpg


礼拝堂も、いろんな方向に大小いくつかあった。
ここは、サイレンセスターの中でも特に見所だったようで、私たちはラッキーだった^^
f0017530_20295171.jpg


外に出て、バスを待つ。
ご覧の通り、この町はほかのコッツウォルズ地方の町村と違って、建物がカラフルだった。
が、全てがパステルカラーで統一感があり、美しかった。
f0017530_20324198.jpg


ちょうど市場が終わったところだったようで、人波が続いた。
折よく来たバスに乗って、チェルトナムに向かった。
f0017530_20325811.jpg


*この後、チェルトナムのホテルに2泊したけれど、2泊ともちょっとしたエピソードがあり、思い出ができた。
明日は、1泊目のホテルでのこと・・

今日も来て下さってありがとう~
       ↓↓ クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2012-10-27 21:25 |