風の彩り

雁能岩不動 木像の不動様

この木彫りの不動様には、私も夢中になりました。
立て札にあるとおり、鎌倉時代の作とすれば、この力強い彫り方には納得できます。
f0017530_20163554.jpg


相棒も「これはすごい!」と連発します。
何がすごいって・・・
f0017530_20165289.jpg


この木彫りの不動様の側には、金属製の刀剣が(もう錆びてぼろぼろになっていますが)何本も置いてあるのです。
f0017530_20172027.jpg


実際のところ、こんなすごい文化遺産が、こんなに何気なく置いてあってもいいものでしょうか?
保存展示の仕方を考えてほしいような気がします。
f0017530_2017501.jpg


ご覧のとおり、上半身のみ健在で、腕や火炎などは側に置いてありました。
f0017530_20181883.jpg



↓ 画面右下が前回ご覧頂いた石像の不動様です。
木彫りの不動様は、奥の祠の中・・・
この画面ではよく分からないと思いますが、大人が立って歩けるほどの高さの祠ですよ^^
f0017530_2020668.jpg

雁能岩不動は、期待した以上に素晴らしい遺跡でした。
行こうか迷ったときに、近くにいた人は少し登って「大変そうだからやはり止めておこう」と降りてしまったのです。
私たちは行ってラッキーだったと思うくらいの掘り出し物でしたよ^^



 今日も来て下さってありがとう~

クリックもどうぞよろしく<(_ _)>
    にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
[PR]
by hotaru_1210 | 2010-11-23 20:45 | 遺跡・仏閣・建物